毎年恒例 子供の誕生日に記念写真撮影!

子供の誕生日に記念写真を撮ると子供の成長がわかり、家族の歴史に残るので続けたいです。毎年の恒例にしてます。

毎年恒例 子供の誕生日に記念写真撮影!

我が家は毎年、子供の誕生日に記念写真を撮っています。

子供の成長の記録は親としての記録でもあります。
子供が小さいときは一日、一日の成長が大きく、写真も毎日撮ったり、数か月ごとに撮ったり、頻繁に撮る機会が多いです。

しかし、大きくなってくると写真を撮る機会が減ってきます。
そんなときでも誕生日とか一年に一回、記念日を決めておいて、毎年、記念写真を撮ることを恒例行事にする日を決めておくことをおすすめします。
我が家は息子がまだ7歳ですが、毎年誕生日に記念写真を撮っています。
7歳くらいではまだ1年毎の成長は大きく、毎年変わって行くので7年分の成長が楽しめます。

特に我が子は毎日見ているので成長しているのがわかりにくいです。

しかし、一年毎の写真をみると昨年とはあきらかに違う我が子を目の当たりにします。
誕生日でなくてもいいので、毎年、同じ日に撮ることで子供の成長と親としての成長を感じられるので、その頃のエピソードなどをちょっと書いておくと毎年毎年の家族の歴史を積み上げていくことになりますのでよいと思います。
毎日、日記をつけるとか写真を撮るということはなかなかできませんが、一年に一度ならできるかもしれません。
しかし、恒例行事にしておかないと子供が大きくなるにつれ、一緒に写真を撮ってくれないかもしれません。毎年、写真を撮るのが我が家の恒例なのだと小さい頃から思わせておくことで続けられると思います。

記念写真といっても、写真館などで撮らなくてもよいので、記念の写真であればよいです。

しかし、誕生日に撮るならば、満1歳なら、初誕生、10歳なら1/2成人式など、ちょっとした節目に写真館で撮るのも家族の記念になります。
大人になるとさすがに1年くらいでは変わりはないと思いますが、3年、5年、10年ともなると親にも変化が現れます。
記念写真は家族の歴史というのも子供だけでなく親としての成長もそれくらいの年数でわかってくるものかもしれません。子供が生まれたきっかけに始めるのもよいですし、結婚記念日とか夫婦で撮っている場合はその日を記念写真を撮る日にしてもよいし、一年に一度、決めた日に記念写真を撮るようにしたいです。

関連キーワード

Copyright (C)2017毎年恒例 子供の誕生日に記念写真撮影!.All rights reserved.